AGEsの蓄積を防ぐ抗糖化対策



シワ・たるみ治療の最前線~美容医療を中心に最旬情報をお届け!



シワ・たるみ治療の最前線 » AGEsの蓄積を防ぐ抗糖化対策

タンパク質を変性・劣化させて肌老化を促進する糖化を防ぐことが最新のシワ・たるみ対策において重要といわれています。

糖化が起こるとシワ・たるみにどんな影響がでるの?

アンチエイジングの業界で話題になっている『糖化』についてご存じでしょうか?

アンチエイジング研究においては活性酸素以上に肌や身体の老化に影響しているといわれているのが糖化です。 体内の余剰な糖質がタンパク質と結びつくことでAGE(終末糖化産物)を作り出してしまうことをいいます。

このAGEは肌は髪、内臓、血管、骨にいたるまでタンパク質が存在する場所すべてにおいて発生してしまうもので 全身の細胞や組織を攻撃して機能低下および老化させてしまいます。

肌についていえばAGEによって進む炎症反応によって肌細胞の保水力が落ちるので乾燥してきますし、AGEが茶褐色ということもあって 肌がどんどん黄色くくすんだようになりますし、ターンオーバーを妨げる原因にもなります。

シワ・たるみに影響する真皮のコラーゲンやエラスチンに対しては、変性・劣化を促進させるので、糖化したコラーゲンはどんどん弾力がなくなり、 萎縮してしまうので強度がなくなって、切れたり、たるんでしまうようになります。

肌老化すべてに影響してくるといっても過言ではないんですね。

肌以外に及ぼす影響もすさまじく、髪質の低下や糖尿病、動脈硬化、アルツハイマー、骨粗しょう症など健康や美容に関連するありとあらゆる トラブルや不調を引き起こす要因になるものなんです。だから活性酸素以上に今アンチエイジングにおいて対策しなければならないものといわれているわけなんですね。

もし糖化というものをはじめて知ったという人は、シミやシワ・たるみを防ぐだけでなく、美しい肌と健康な身体を保つためには抗糖化、抗AGEというのが 凄く大事なんだということを今日からぜひ念頭においてスキンケアやインナーケアに取り組んで欲しいなと思います。

肌の糖化を防ぐために日頃から意識すべきこと

繰り返しになりますが糖化とは余剰になった糖質と全身のタンパク質が結合してAGEという悪さをする物質を生み出してしまうことです。 鋭い人は気づいたと思いますが、糖質が余剰にならなければ防げるということなんです。

糖質が余っている状態というのはどういうことなのかというと

要チェック 血糖値が高い状態
要チェック 糖質が脂肪として蓄えられた状態=デブ

血液中に長く糖分が残っている状態を避けるというのがまず重要なことであり、血糖値の急上昇を抑える必要があります。 そのために気をつけないといけないのが「糖質を含むものを食べすぎないこと」「血糖値が急上昇する食べ方をしないこと」「痩せること」の3つです。

食事にかんしては血糖値の上がりにくい低GI(グリセミックインデックス)食材を取り入れるのが効果的です。 GIとは食品の摂取後に血糖値の上がる速さを数値化したものになります。

よく分からないと思いますが、要するにご飯、パン、麺類など炭水化物や揚げたり焼いてあるキツネ色に焦げ目があるような食べ物は食べてはダメだということです。 フライドポテト、ホットケーキ、鶏の唐揚げ、こういったものはNGです。

どうしても食べる場合は最初に食物繊維のある食べ物を食べてからフライドポテト、ホットケーキ、鶏の唐揚げといった食べ物を食べるようにしてください。 食物繊維の働きのおかげで糖の吸収がおだやかになるので血糖値の上昇が抑えられます。

また食事と一緒にカモミール、ハーブ、どくだみといった糖化反応を抑制してくれるお茶を飲むことも効果がありますし、食後に軽く歩くなど運動をすることも血糖値の上昇を抑えることができます。

とにかく血糖値をあげないことが抗糖化、抗AGEでは一番大切なことになります。

AGEの蓄積量は肥満度と比例するように太ってしまう食生活はそのまま糖化を促進する食生活だと思ってもらって間違いありません。 逆をいえば太らない食生活はそのまま抗糖化対策になるということです。

揚げ物や炭水化物を控えて、和食を基本に献立を考え、食後のデザートを控える。←コレが重要です。