女性ホルモンを活性化させる



シワ・たるみ治療の最前線~美容医療を中心に最旬情報をお届け!



シワ・たるみ治療の最前線 » 女性ホルモンを活性化させる

女性ホルモンのエストロゲンがコラーゲンの生成を促す!

女性ホルモン(エストロゲン)の美肌効果について

女性の美や健康、若さというのは女性ホルモンの影響を非常に強く受けます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類があって、この2つがお互いに作用しあうことで バランスをとっているわけですが、この女性ホルモンの分泌量やバランスが加齢やストレス等の要因によって、 乱れてしまうと、肌老化やさまざまな体調不良の原因になってしまうんです。

特に肌の状態にとって重要なのは美肌ホルモンともいわれるエストロゲンであり、 このエストロゲンは肌の新陳代謝を促して水分を保持したり、コラーゲンを増やすといった働きがあります。

しかし、このエストロゲンの分泌も加齢とともに卵巣機能が低下してくれると減ってきます。子宮や卵巣の機能は だいたい35歳を境にして下り坂に入っていき、40代でガクンと低下して50代でストップするという感じです。

そのため35歳あたりから肌のほうも下り坂に入っていきますし、40代ともなると隠しきれません。 シワやたるみが目立ち始める時期と女性ホルモンの減少とはほとんど一致しているわけです。

そのためいつまでも美肌を維持して透明感とハリのある肌を保とうと思ったら女性ホルモンのケアもしないといけないということです。 無理なダイエットや過度なストレス、生活習慣の乱れというのはモロに女性ホルモンバランスに影響します。

シワ・たるみなど肌老化をすすめないためにも、女性ホルモンを意識して生活するようにしましょう。

女性ホルモン(エストロゲン)を活性化させる生活習慣とは?

女性ホルモン(エストロゲン)をキープするにはなんといっても規則正しい生活習慣が基本になります。加齢による衰えは避けられないにしても その老化スピードというのは生活習慣で遅らせることができます。

要チェック 睡眠は6時間以上、決まった時間に寝起きする
要チェック 脂肪がエストロゲン代謝にかかわるので太り過ぎも痩せすぎもダメ
要チェック 運動をして骨盤内の血行をよくする
要チェック イソフラボンや漢方の当帰を普段から摂取する
要チェック 心をときめかせる

睡眠が大事なのは睡眠不足によって自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れるからです。太り過ぎも痩せすぎもダメというのは 太り過ぎると糖化が起こりやすくなり卵巣の老化が早まりますし、痩せると生理がとまるようにホルモン分泌に影響がでます。

イソフラボンや漢方の当帰にはエストロゲン様作用があるので体内のエストロゲンをサポートすることができます。積極的に摂取したほうがよさそうです。

それから女性の場合は圧倒的に運動不足ですからそれが血行不良の原因になり、酸素や栄養不足からダイレクトに肌に影響がでることもあれば 骨盤内の血行が悪くなり、子宮や卵巣の働きが鈍くなって生理痛が重くなったり、生理不順などホルモン分泌に影響を及ぼすことがあります。

生活習慣を改善するというのは、睡眠・運動・食事といったもののどれかを改善するのではなくてすべて改善することです。 若さを維持するために甘えは許されないと肝に銘じておきましょう。