サーマクール



シワ・たるみ治療の最前線~美容医療を中心に最旬情報をお届け!



シワ・たるみ治療の最前線 » サーマクール

サーマクールを利用したシワ・たるみ治療について

サーマクールとはどんな治療法なの!?痛くない!?

サーマクールとはひとことでいうと「切らないフェイスリフト」です。

レーザー光線よりも作用が強い高周波RF(6.78MHz)の熱エネルギーを使って皮膚組織に熱刺激を与えることで、 コラーゲンが産生されるサポートを行ったり、筋肉層の緩みも引き締めてハリや弾力を取り戻してくれます。

その結果、加齢や紫外線によってハリ・弾力が失われていた肌が引き締まり、同時にたるみも改善されるという治療法になります。

たるみというと昔は皮膚を切開し、脂肪吸引をした後、たるんだ皮膚を引っ張り上げるというような「かなりエグい」施術しかありませんでした。 皮膚を切開するので傷跡も残りますし、麻酔などによる体への影響も大きかったんですね。

それがサーマクールの登場によってメスが不要どころか手術不要になったため、術後の腫れや感染症などの心配、消えない傷跡、 社会復帰するまでのダウンタイムの長さといったデメリットがなくなったので、今現在、たるみ治療といえばサーマクールというのがスタンダートになっています。

今ではサーマクール以外にも高周波(ラジオ波)を利用したポラリスやテノールなど高周波治療がいくつかありますが、 長期的な効果や持続力で比べるといまだにサーマクールがダントツだといいます。

1度の治療でも充分な効果が期待でき、効果は半年から2年以上と持続性も持ち合わせています。気になる価格ですが20万円~といった感じです。 顔だけでなく全身のたるみにも使えます。その場合は当然ですが価格もそれなりになります。

サーマクールのデメリット、注意点など

サーマクールを行うことで、肌のたるみやシワの問題も改善させることができます。 ただし、施術を受けるに当たって注意点も存在していますので、事前にその点についても確認しておきましょう。

まず、サーマクールですが体調によって施術を受けられない場合もありますし、ペースメーカーを体内に装着されている方の場合、 ラジオ波の波長がペースメーカーの働きに影響を与える可能性があるといわれているので施術自体を受けることができません。

それからほとんどの人にいえるのが痛みの問題があります。

美容クリニックのホームページなどをみると、肌を冷却するから大丈夫とか最新機器は治療時の痛みを格段に減少させた、なんて触れ込みが あるかと思いますが、話半分だと思ったほうがいいです。

熱エネルギーが高いほど、効果がある反面、赤みやほてりが残りやすいですし、痛みもあります。だからこそサーマクールよりも熱エネルギーを下げて 痛みや肌への刺激を緩和したラディエイジやポラリスといった下位互換版のような高周波治療があるわけです。

そのため痛みの度合いや部位に応じてこうした高周波治療を使い分ける施術をしてくれる美容クリニックを選んだほうがいいですし、 それは無理でも塗る麻酔をはじめ、冷却システム、鎮痛剤など痛みを緩和するためにどんなことをしてくれるかをきちんと確認しておくことが大切です。

いずれにせよ、サーマクールはたるみ治療の最先端といってもいい方法だと思います。